としてのインプラント

虫歯や歯周病などといった病気や外的な要因によって、歯を維持することが困難となってしまうことがあるものです。従来の入れ歯や差し歯は様々な事情によって失われることとなってしまった歯の代わりとして効果を果たすものとして知られてきました。しかし、入れ歯などでは通常の歯の30%から40%ほどの噛む力しか得ることができないものであり、使用者自身が美味しく食事を取ることも難しいものであるとされてきました。

そんな現状の中、乳歯、永久歯に続く第3の歯とも言うべきものとして、インプラントによる義歯というものが注目を集めることとなっています。インプラントというものは歯に限らず医療目的で体内に使用されている人工物のことを指し、広義では心臓のペースメーカーや骨折治療のためのボルトなどもインプラントの一部という認識がなされています。

歯科で扱われるインプラントは、従来の入れ歯や差し歯のような義歯としての役割を果たすものとして知られており、その装着方法によって1本から、口の中に存在する殆どの歯の代わりを果たすものまで多種多様なものが用意されており、義歯としての役割を果たす上では大変優れた素材であるといえます。

一般的にインプラントのように体内に人工物を使用した処置を施すと、体内の免疫作用によってその装置が攻撃を受けてしまうことになり、そういった免疫作用との折り合いも、インプラントを使用していくための大きなテーマとして扱われますが、主に義歯として使用されるインプラントに使用されるチタンは、体内でも異物として扱われることもなく比較的安全に使用がなされるものであるという特徴を持っています。そればかりか、オッセオインテグレーションと呼ばれる、体内の骨と結合しより強固な歯として人体において働きを行うという優れた性質を持っています。

歯のかみ合わせによって全身の姿勢まで影響を及ぼしてしまうものであるとされるほどに、歯という器官は人体において大きな働きを持っているものであるとされています。自身の体により適した義歯を使用することによって、より健康的な生活を送ることが実現していくこととなります。